離婚

夫婦最後の日

どうも音羽です!

 

 

夫婦最後の日

ついにこの日が来てしまった

いろいろあって1日離婚の日が延期で11月1日に離婚となった

 

結婚して6年。離婚という形で終わるとは思わなかった

 

俺がしっかりしていればこんな結末にならなかったと後悔ばかり正直ある

子供にもつらい思いをさせてしまったしね

 

でもなんら変わることがない

同居から離婚して別居

 

ならいろいろかわりそう

でも

 

5か月別居ののち離婚

だから生活とかはほぼほぼ変わらない

戸籍上のことがかわるのみ。

 

それはわかっているけれど

割り切れない部分はあるよね

 

やっぱり結婚していて別居と離婚

は意味合いが違うと思う

子どものダメージを最小限にしたい

俺と嫁の話し合いの結果離婚となる

そこに子供は一切関係ない。だからこそ子供が心配

 

親のことで子供にストレスを与えている。本当に申し訳ない

でも、離婚してもパパとママは子供たちのパパとママ。

お互い協力して子育てはやっていく。それはお互いに誓ったこと。

今は月の半分くらい俺の家に泊まりに来ている。

子供にとってはどっちの親にも会いたいときに会える

これは離婚のダメージ最小限だと思いたい

嫁には感謝しかない

本当に嫁には感謝しかない

こんなわがままな俺と6年も結婚生活を送ってくれたんだ

ありがとう。

 

そして、一生幸せにするという約束を守れなくてすまなかった。

これからは子供たちのパパとしてママとしての関係でよろしくな!

 

俺から解放された嫁!第二の人生は幸せになってほしい

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です