育児グッズ

【コールマンアウトドアワゴンがおすすめ】運動会の大荷物の解決法

運動会荷物

どうもすずめです!

子どもが小さい家庭はこのような悩みをお抱えではないでしょうか?

すずめ
すずめ
運動会やプールに行くのに荷物が多くて大変だな。なにかいい方法ないかな?

上記の悩みに回答します。

結論から言います。

コールマンアウトドアワゴンを買えば解決できます。

コールマンアウトドアワゴンとは

ワゴン

アウトドアメーカーのコールマンという会社が出しているワゴンになります。

アマゾンなどでもめっちゃ売れています。

おそらく運動会とかで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

  • 荷物が100kg積める
  • 荷物を覆うカバーがある
  • 坂道も大丈夫なようにストッパーが付いている
  • とにかく頑丈

上記のような特徴があり使いやすいです!

スポンサーリンク

コールマンアウトドアワゴンは子どもがいる家庭には必須!

そんなにいいワゴンのか?コールマンアウトドアワゴンは。。。買って後悔しないか?

という声があるかと思います。

でもこれめっちゃいいです。おすすめできます。

子持ちには必須のワゴンです。2018年に買ったいろいろなものの中でで一番いいと思っている買い物です。

コールマンアウトドアワゴンは子どもと荷物を一緒に運べる

子どもと荷物を一緒に運べるってとっても大きいんですよね。これが一番おおきいメリットです。

コールマンアウトドアワゴンは100kgまでの重さは行けるので我が家ならば子ども2人を載せて、残ったスペースに運動会だったらお弁当やら水筒やらシートを乗せればいいのです。

考えてみてください。

ワゴンがなければパパママ共に大荷物。そこに子どもがいる。子どもがいつふざけるかもわからない。でもパパとママの手はふさがっている。

この状況は危ないですよね?

小学校の運動会は荷物が多いのでまさに必須レベルの商品かと思います。

購入すると親はめちゃめちゃ楽になります。荷物がワゴン1つでよくなるからですね。

おすすめできます。

コールマンアウトドアワゴンを使用すると大人の手が空く

荷物

荷台に子どもと荷物を置けるということは子どもの飛び出しリスクが下がります。

これは事故の可能性も減ります。飛び出しとかがなくなるからですね。荷台に乗ったら子どもは好き勝手移動できませんし、何より子どもが荷台で喜んで降りませんので。

そしてパパママで運動会参加ならばパパがワゴンを引きます。そうするとママの手が空くのでなにかあったとき対処しやすいということも大きいです。

子どもが荷台にいるとはいえ、なにをしでかすかわからないのが子どもです。

ママの手が空くことがとても大きいです。

コールマンアウトドアワゴンのデメリットは重いくらい

コールマンアウトドアワゴンのデメリットはそんなに気になりません。

値段はそこそこするかもしれませんが頑丈だし長持ちします。運動会とかプールとか毎年何回も使うので全然お得だと思います。

小学校の運動会だけで6年。あとはプールとか含めたら活躍の機会は多いです。コスパでいうとかなりいいです!

事実私はデメリットを感じていません。

強いて言うならば人気があるので人とかぶるということくらいですかね。しかし気にならない人なら関係ないと思います。

アマゾンでも売れているのでそりゃかぶっちゃいますよね。

 

しかし女性への注意点としては1つあります。

本体の重量が11kgと重いということ!これはちょっと注意が必要です。

荷物を載せて重くなったワゴンが下り坂などで加速すると女性の力では危ないかもしれません。

基本はパパにワゴンを引っ張ってもらってください!その方が安全です!

【コールマンアウトドアワゴンがおすすめ】運動会の大荷物の解決法のまとめ

  • 運動会などの行事にはコールマンアウトドアワゴンがおすすめ。理由としては100kgまで積載可能なので、子どもと荷物を一気に載せて運べるから。
  • 親の手が空くのは本当に楽。何かあった時に対処しやすい。
  • 9000円程度で購入できるワゴン。毎年運動会やプールで使うことを考えるとコスパは悪くない。
  • 本体重量が11kgと重めで、そこに荷物を積むのでさらに重くなる。ワゴンを引くのはパパが適任。
すずめ
すずめ
我が家でも運動会やプールに大活躍です!テントなどの大荷物も全然行けるので本当に手が空いて楽です!
すずめ
すずめ

育児って大変ですよね。やること多いし、終わりはないし、子どもはいう事聞かなしで。。

そんな育児を少しでも楽にするグッズをまとめました。詳しくは「育児におすすめのグッズ44選【絶対に損はしない!4児のパパ厳選】」の記事へ

こちらの記事もおすすめ!