雑記

食べすぎていつも後悔する。なぜ食べすぎてしまうか分析してみた。【ストレスなど】

どうもすずめです。

今回は食べ過ぎについての記事です。

すずめ
すずめ
痩せたいのにどうしても食べすぎてしまう。どうしたらいいのだろうか
すずめ
すずめ
ストレスでついつい過食なんだよね。それで翌日に後悔する。
すずめ
すずめ
食欲を抑える方法を知りたい

 

と、いった悩みについての記事です。

私事でもあります。ここ1年半で10kgも太ってしまいました。その原因などを考えての記事です。

 

  • なぜ食べすぎてしまうのか
  • 今日だけは・・・、〇〇だから・・・は禁句
  • ストレスへの対処
  • 食べても太りにくいもの
  • 習慣化について
  • 食べ過ぎが改善されたその後

 

上記の流れで記事を書いています。

なぜ食べすぎてしまうのか

結局の所、誘惑に勝てないからです。食欲>目的(やせたい)となっているからですね。

夏までに5kgやせて水着を着たい!などの目的があっても、目の前においしいものがあったらついつい食べすぎてしまったりなどです。「まだ夏まで時間がある」など言い訳をつけてついつい問題を先延ばしにしてしまいます。

もちろん食事を極限まで切り詰めろというわけではありません。暴飲暴食などをやめるべきだと言っているのです。健康にもよくありません。将来病気になってから後悔するかも知れないです。そしてそのときにはもう遅いのです。

なのでまずは誘惑に勝つ意志力を鍛えましょう。

 

意志力に関してはこちらの書籍で詳しく載っています。


スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スポンサーリンク

今日だけは・・・、〇〇だから・・・は禁句

「今日はいいか。明日から頑張ろう」「まだ時間がある」「まぁいいか」などの言葉は危険です。

自分の都合の良いように解釈してその言い訳をずっと続けるからです。

ここ1週間のことを考えてもこのような言葉を使って先延ばしにして後悔したことがあるのではでないでしょうか。

私はブログの更新を毎日の目標にしていますが、「1日くらいサボったって変わらないだろう」と思ってサボったことがあります。一度サボると二度目サボる時のハードルがすごく下がってしまいます。注意が必要です。

もちろん絶対にこれらの言葉がいけないとうわけではありません。重要なのは先延ばしをしてしまうという習慣をつけては行けないということです

なのでできる限りそういった言葉は使わないほうがいいと思います。

ストレスへの対処

ストレス解消の1つとして過食があると思います。

美味しいものを食べるという行為で、欲求を満たしてストレスが解消されるからです。運動などのストレス解消に比べてとても手軽にできてしまいます。

私の例では「仕事で嫌なことがあったから飲まなきゃやってられない」などです。仕事などのストレスを酒や過食で解消してしてまっています。しかし、食べるとその分体重が増えてしまうのでそれがまたストレスとなり悪循環になっていきます。

本当にたまにだけストレスで食べすぎてしまうとかなら影響はそれほどないのかも知れません。しかし、ストレス社会で慢性的にストレスを抱えていると、暴飲暴食が習慣化してしまいます。そうなると健康状態も損なわれてしまいます。失って健康は戻ってきません。

なのでストレスと上手く付き合っていくべきですね。

少し調べてみたら

しっかり寝ることや運動する、絵を描く、読書をする、音楽を聞く、料理をする、ストレッチをする、お笑いの動画を見る

などストレス解消法は調べればいくらでも出てきます。

自分にあった過食以外のストレス解消法を見つけることが大切です。

食べても太りにくいもの

どうしても食べたいのであればローカロリーで太りにくいものを食べましょう

以下にあげる食べ物でしたらポテトチップスなどのお菓子よりも健康に対する影響は少ないです。

  • こんにゃく
  • ノンオイルドレッシングのサラダ
  • スルメ
  • キャベツ
  • 豆腐
  • トマト
  • ところてん
  • ささみ

などですね。

食欲を我慢しすぎてもストレスになってしまうと思うのでまずはこういったローカロリーのものでコントロールをしていきましょう。その後にストレスからの過食を抑えていけばいいのです。

なので食べたくなったらところてんやスルメなどを食べましょう。

習慣化について

習慣はとても大切です。人は習慣で成り立っています。

朝起きてご飯を食べて歯を磨いて出勤して・・・。などはすべて習慣化されているので特に何も考えず、感じずこなしています。当たり前のことですよね。

ストレスからの過食に対しても少しずつ改善されれば習慣化されて意識しないで最終的にはできるはずです。

最初の数日、数週間は習慣化されていないので大変だと思いますががんばりましょう。

習慣化までできれば過食は改善されるはずです。

食べ過ぎた改善されたその後

その後はやせていくでしょう。自分が理想とする体型に近づいていくでしょう。

摂取カロリーが低ければやせていきます。そこに運動などが加われば更に加速度的にやせられるでしょう。

私のことなのですが、太りすぎて体が重くなると運動するのも大変なんですよね。さらには足を痛めたりなどです。しかし食生活改善で体重が落ちれば体が軽くなります。そうすると運動が楽しくなります。そうするともっと理想の体型に近づいていきます。夏のプールなどが楽しみになっていきます。

リバウンドが怖いという意見もあるかも知れませんが、習慣化されていれば過食は起こらない&過食以外のストレス解消法を見つけれいれば問題はないかと思います。

理想の自分に近づけるためにがんばりましょう。

 

食べすぎていつも後悔する。なぜ食べすぎてしまうか分析してみた。【ストレスなど】のまとめ

  • 意志力を鍛えて食欲という誘惑に打ち勝とう
  • 明日から頑張ろう。まぁ今日だけはいいか。などの言葉は極力使わない。一度妥協してしまうと二度目のハードルが下がってしまう。
  • ストレスと上手く付きあう。過食以外のストレス解消法を見つける。
  • どうしても食べたくなったらところてんやスルメなどのローカロリーのものを食べる。
  • ストレスで食べるという習慣をなくしていく。悪い習慣は早めに断ち切るべき。
  • 食べ過ぎが改善されれば、体が軽くなり運動などのやる気やモチベがあがる。
こちらの記事もおすすめ!